Q1:Outlookでメールを送受信すると添付ファイルが消える

 

A1:Outlook は Transport Neutral Encapsulation Format (TNEF) というフォーマットによりメールを送信します。これは,Outlook の処理に必要なデータをカプセル化して送信する形式のことであり,カプセル化されたデータは WINMAIL.DAT というファイル名で添付されます。受信側が Outlook (Outlook Express ではない) や Exchange Server を使用していた場合,この WINMAIL.DAT をデコードすることで,Outlook 固有のさまざまな機能やプロパティを正しく送信することが可能になります。TNEF を認識できない Becky! 等のメーラーを使うと,WINMAIL.DATが添付されたようになるため,Winmail Opener というソフトを使って開くことができます。

しかし,Outlook Express は WINMAIL.DAT を解読できないため,その添付ファイルを無かったものとしてしまい,クリップマークすら表示しません。クリップマークすら表示されないので,「添付ファイルが削除された」と勘違いする人が多いのですが,実際には添付ファイル自体は削除されず残っているのでスクリプトを使えば添付ファイルを取り出すことが可能です。なお,この現象は Outlook の不具合と受け止められることが多いのですが,基本的には Outlook 固有の機能を使った場合にデータの損失を防ぐための仕様です。もちろん,SWANⅡの不具合でもありません。

【Outlookで送信すると添付ファイルが消える場合】
↓詳しい操作方法はこちら↓
http://technet.microsoft.com/ja-jp/support/outlook_5mins09.aspx
● 送信側で「TNEF型式」のメール送信を禁止する。
・Exchangeサーバーを使っている場合は,リモートドメインの設定を変更する。
・Exchangeサーバーを使っていない場合は,下記のURLからFix itを実行する。
http://support.microsoft.com/kb/958012/ja
● 受信側でスクリプトを実行する。
・下記URLを参照し,スクリプトを実行して添付ファイルを取り出す。
http://outlooklab.wordpress.com/


Q2:Outlookでメールを送受信するとエラーが表示される

 

A2:以下のエラーメッセージが表示されたら,Microsoftのサポートページを参照。

http://support.microsoft.com/kb/813514/ja
●対象のコンピューターによって拒否されたため、接続できませんでした。

●サーバーが見つかりませんでした。(アカウント:account name, POP サーバー:’mail’, エラー番号: 0x800ccc0d)

●タスク ‘server name – 送受信中’ でエラー (0x800ccc0f) が報告されました:’サーバーへの接続が中断されました。この問題が引き続き発生する場合は、サーバー管理者かインターネット サービス プロバイダー (ISP) に連絡してください。サーバーが応答しました: ? K’

●サーバーは接続を解除しました。サーバーまたはネットワークに問題があるか、あるいはアイドル時間が長すぎた可能性があります。アカウント: account name, サーバー: ‘server name’, プロトコル:POP3, サーバーの応答:’+OK’, ポート:110, Secure(SSL):なし、エラー番号:0x800ccc0f

●タスク ‘SMTP server name – 送受信中’ でエラー (0x80042109) が報告されました:’送信 (SMTP) メール サーバーに接続できません。このメッセージを引き続き受信する場合は、サーバー管理者かインターネット サービス プロバイダー (ISP) に問い合わせてください。’

●受信 (POP) サーバーからの応答を待機中に操作がタイム アウトになりました。0x8004210a

●サーバーと通話しようとして、タイムアウトが発生しました。0x800ccc19


Q3:SWANのWebメールで、「Over Quataエラー」が発生し、メールを送・受信出来ない。

 

A3:SWANのWebメールでは、容量が100MBまでとなっており、100MBを超える(実際にはフォーマット形式の関係上、100MBより若干少なくなります)と「Over Quata」エラーが発生します。これを防ぐために、OutlookやWindows Liveメール等のメーラーでWebメールを受信できるように設定し、サーバーのメッセージを削除するようにします。

設定方法については、こちらを参照願います。